便秘でコロコロうんちに困ったら、自分でできること

  • トップページ

便に水分が足りてないとコロコロうんちになります!

毎日何気なく便を出しているけど、

ふとした拍子に便秘になってしまい、コロコロうんちが肛門で詰まってしまって

いつまでも便が出ないことがあります。

なぜそうなってしまうのかの理由と、コロコロうんちの出し方。

それにコロコロうんちにならないような生活を

ご紹介していきますので参考にしてみて下さいね!
 

なぜコロコロうんちになるの!?

s_85_2.jpg


毎日出てたのに、急にコロコロうんちになる事はありませんか?

なぜ!?と思うでしょうが、コロコロうんちになるのにはやはり理由があります。

特に女性なら誰しも経験があるであろう生理も深く関わってきますが、

女性ならではの理由も沢山ありますので見ていきましょう。
 

生理前や妊娠中はコロコロうんちになりやすい。


コロコロうんちの時を考え直してみると

「生理前」

ではないでしょうか?

生理前は妊娠に必要なホルモンが出る為に、妊娠の為に必要な栄養を体内にとどめておこうとして

便の中の水分も奪い取ってしまいます。

したがってコロコロうんちになりやすいのです。

逆に生理がくるとまたホルモンが変わって、

体内にストックしている物を放出させようとする為に

生理がくるとコロコロうんちが嘘のように出たり、酷い人はそのまま下痢になってしまうことも。

もちろん、体内の栄養素は妊娠してしまえばそのまま蓄えてしまいますから

妊娠中の妊婦さんの多くはそのままコロコロうんちに悩まされる羽目になってしまいます。

妊娠中のコロコロうんちに悩まされた場合は、自分で解決しようとせずに

必ず病院で相談して便秘薬を飲むようにしてくださいね。
 

水分不足からのコロコロうんち


水分が足りてないとコロコロうんちになりやすいのです。

大腸の中で便に水分を与えるから、便が柔らかくなるのですが

そこで水分がないからコロコロうんちになってしまうのです。

コロコロうんちの人は1日に2リットルの水分を取るようにこころがけましょう!
 

腹筋が少ない為にコロコロうんち


女性に多いのが腹筋が少ない人。

そして腹筋が無い為に、便秘になりコロコロうんちになるのです。

腹筋がないと便を出す時にいきむ力が足りずに、便が残ってしまいがち。

それで便が溜まって、溜まった便の水分が残っている時間だけ水分を奪われてコロコロうんちになるのです。

コロコロうんちになってしまうと、ますます便を出す時に腹筋が必要になるので

腹筋が少ない人はコロコロうんちになりやすいのです。
 

コロコロうんちが悪化すると・・・


コロコロうんちが悪化してしまうと、まず

キレ痔

になりやすくなりますよね。

硬すぎる便が肛門を裂いてしまいます!!!

繰り返すと肛門がへんな形になってしまい、もどらなくなってしまいます。

それだけじゃなく、ずっと悪玉菌、腐敗した便が大腸に留まる事で

大腸ガンにもなりやすくなってしまいます!!

いわゆる大腸ガンのリスクが上がるという訳なのです。

そうならない為にも、大腸の中の腸内環境を整えて悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす事で

便秘を解消するようにしましょう。
 

善玉菌を増やすには!

017_5.jpg

善玉菌を増やすにはまず腸内環境を整える事です。

まず手っ取りはやいのは

「菌」を大腸に入れる事。

ヤクルトやヨーグルトメーカーがこぞって菌を売り出していますよね。

その菌を体内に取り込む事です。

しかしそれで便秘が改善されたからと言って、ずっと菌を食べるだけではエンドレスなので

自分で食生活を改善していく事も同時進行で行ないましょう。

時間がかかるので先に菌を入れてしまい、それから

食物繊維や発酵食品、それに乳酸菌などを意識してとりいれながら食生活の改善につとめるのです。
 

便秘にも運動!


便秘と運動、ようは腹筋ですね。

しかし腹筋だけ鍛えるよりも、もちろん全身で体を動かした方が筋肉だけではなく

リラックス効果もあります!

ストレスも便秘には大敵なので、うまく取り入れてうまくストレスを発散出来るようにしましょうね。
 

水分も必要です!


便秘には水分が必要と言いましたが、

水分の足りてない人は大体ご飯の時にしか水分を取らない人です。

食事の時にももちろん水分は必要ですが、

その食事と食事の間にも水分を取るようにしましょう。

水分が便秘の便をやわらかくしてくれて、快便に導いてくれますよ。

この時に、全て味のついている水分(コーヒーや紅茶、ジュース)よりも

水の方が体にもいいのでお勧めです。

時間があるなら、自分で白湯を作っておいておきましょう。

白湯を保温できる水筒などに入れておいて、1日かけて飲むようにすると

自分がどれだけ水分をとっているのかも良く解るのでおすすめです。
 

菌だけを入れるよりも

s_88_7.jpg

ヨーグルトなどで菌だけを入れるよりも、同時に食物繊維や発酵食品を取り入れられる物を入れた方が

もちろん便秘は早く改善します。

乳酸菌・醗酵食品・食物繊維をバランス良く取り入れたものを入れるのがベストです

黒糖抹茶青汁寒天ジュレという商品なら、

乳酸菌・醗酵食品・食物繊維だけでなく、女性に嬉しいヒアルロン酸も配合されており

寒天なので腹持ちが良く、食べすぎを防いでくれます。